お家でかんたん有酸素運動応用編!5分で脂肪燃焼!

ダイエット・ヴィレッジ見ましたか?

昨日、日本テレビ系列で「ダイエット・ヴィレッジ」が放送されました。山口絵里加先生他、有名トレーナの方々が厳しく指導の結果、見事に達成されてました。やはり脂肪燃焼させることが大事ですね。

以前にご紹介した動画「お家でかんたん有酸素運動!」でも、脂肪燃焼させるトレーニングをしました。

そこで今回は第2弾、お家でかんたん有酸素運動応用編!5分で脂肪燃焼!をご紹介します。

109

お家でかんたん有酸素運動パート2!5分で脂肪燃焼!

STEP1:壁に(肩・背中・お尻・ふくらはぎ・かかと)をピッタリとくっつけて立つ

STEP2:あごを引きおなかをへこませ、ラテラル呼吸

STEP3:そのままの姿勢を意識しながら数歩前に出る

STEP4:できるだけ膝同士をつけたままジャンプ数回
※肩の関節が抜けてるぐらいの感じで、お腹お尻はグッとしめて

STEP5:そのまま両手を耳の後ろぐらいの位置で上下に10回
※肩甲骨を意識

STEP6:次に両腕を前に出して引くを10回
※肩甲骨を寄せる感じで

STEP7:次に両腕を下からすくう感じで10回

STEP8:終わったらゆっくりその場で歩く

STEP9:再びジャンプし、5から7の動きをもっと早く行う
※ジャンプは細かくでOK

STEP10:終わったらゆっくりその場で歩く

STEP11:次にその場で走ります(10カウント)
※膝をまっすぐ上げて、手は斜め後ろを意識して振る

STEP12:次に上体を前のめりにして、その場で走ります(10カウント)
※太ももをお腹に近づける感じで

STEP13:終わったらゆっくりその場でゆっくりバウンド

できたら2セットして下さい。

2セット終わったら、足や太ももなどをほぐしてあげてください。

ポイントは

動きの後に急に止まらないこと

肩甲骨を動かすことで代謝を上げることができます。

「ラテラル呼吸」のやり方

1.背すじを伸ばし、直立の状態で、肩甲骨を引き寄せるようにして胸を張り、首が前にでないようしっかり引いた状態をキープし正しい姿勢を想像します。

2.背筋を伸ばすとお腹の筋が少し伸びた感覚があるかと思いますがそれをさらにお腹を凹ませた状態を作り常にお腹を凹ませた状態をキープ

3.そのままお腹を凹ませた状態さらに、下腹部の肛門のあたりも締めてみましょう。(トイレに行きたくても行けないときにしめる感覚です)そのままお腹に空気が入らないように鼻から呼吸をし、肋骨の奥の肺に入れていきます。2つの筋肉を意識したまま呼吸をします。

4.息を吐くと同時に、お腹の筋肉をグッと縮めおへそは背中の方につけていくイメージをしながら。息を吐く時は口からゆっくり吸う時より長めに呼吸を行います。

引用:今日からすぐできる!体幹意識で3倍の速さで痩せられる方法

お家でかんたん有酸素運動パート2!5分で脂肪燃焼!で使うもの

とくにありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする